千葉のウイスキーの買取

千葉のウイスキーの買取

ハイボールのリバイバル、朝のドラマの影響・・・一時期は、人気の陰りもささやかれていたウイスキーですが、最近はすっかり定番に。復権を果たしただけでなく、新たなファンも獲得したといった印象も。そんなウイスキー、お酒買取の際も人気なのでしょうか?

そもそもウイスキーとは?

ウイスキーの原料は、穀類。主に大麦やトウモロコシなどの穀類を、麦芽の酵素で糖化ささせて発酵。その後蒸留し、木製の樽で熟成させて製造します。
一番の特徴は、製造工程の最後、木製の樽の中での長時間熟成となります。この工程を経ることにより、琥珀色の美しい液体となることはもちろん、味の深みや奥行きをも醸成させることが出来るのです。また、熟成年数は長ければ長いほど良いとは一概に言い切れないところも、ウイスキーの世界に深みを与える一因になっているのかもしれませんね。

ウイスキーの5大産地

ウイスキーは主に、産地別に分類されます。
まずはスコッチ・ウイスキー。スコットランドで製造・醸造されるウイスキーを指し、スモーキーな風味を特徴とします。ついで、アイルランドで製造されるアイリッシュ・ウイスキーは、まろやかな味わい。アメリカで製造されているのは、アメリカン・ウイスキー。中でもバーボン・ウイスキーは、原料のトウモロコシによる甘みを特徴としています。また、カナダで製造され、比較的飲みやすいとされているのがカナディアン・ウイスキー。二種類をブレンドしたブレンデッド・ウイスキーがメインとなっています。

最後に、日本産のジャパニーズ・ウイスキー。スコッチ・ウイスキーを源流とし、その製造開始から約一世紀半。世界的にも認められ、昨今人気が高まっています。日本人向けの飲みやすさも魅力のひとつとなっています。

ウイスキーを高く買い取ってもらうためには

賞味期限の存在しない、ウイスキー。よほど保管状態が劣悪でない限り、開栓前であれば、ざっと10年程度は変わらぬ品質を保つことが可能。ワインに良くありがちな“飲みごろ”といった時期も特には設定されていないことがほとんどです。

そんな、“いつでも美味しく飲める”ウイスキーの買取においては、古酒ウイスキーと呼ばれる古いウイスキーは定番中の定番、人気を集めており、高値査定も期待できることとなります。ただし、最近のウイスキーとは異なり、古いウイスキーの場合はキャップの機密性が悪い点がネック。未開栓であっても周囲の環境によっては蒸発してしまい、中身の量が自然に減ってしまう現象も見られます。

買取の際は、もちろん液面が下がっていないほうが高額査定となります。ウイスキーの長期保存に当たって、特に古いものであった場合には、保管環境の考慮も必須事項となるでしょう。

お酒買取のご依頼はこちら

bn_mail

bn_phone