千葉で焼酎の買取

千葉で焼酎の買取

割ってもストレートでも、もちろんロックでも。さまざまな飲み方を通じて、性別や年代を問わず、すっかり定着している焼酎。お店によっては、貴重な焼酎の品揃えを目玉にしていたり、日常用にさまざまな飲みかたで愉しめるのはもちろんのこと、ちょっと特別なお酒としても人気を博しているのが焼酎です。お酒買取市場における、焼酎人気はどのようなものなのでしょうか?

そもそも焼酎とは?

およそ500年前から製造が始まったとされる焼酎。その焼酎の消費量が多い県といえば、やはり九州・沖縄地方。その他の地域の地酒といえばやはり日本酒がメインとなるところ、南九州を含む周辺地域では、やはり焼酎がメインです。沖縄に多い泡盛、コレも焼酎の一種となります。

焼酎の原料というと、多く見られるものは、米、麦、芋、黒糖、そば、栗など。その他、とうもろこしや牛乳、紫蘇やかぼちゃやにんじん、昆布にトマトにわさびや、えのき茸、こんにゃくなど、とにかく多彩。焼酎は蒸留酒。その製造時の決まりはというと、発芽した穀類を使用せず、ろ過をせず、蒸留時に定められていない添加物を使用しないこと。そして、アルコール度数の縛り。原料に厳しい定めがないことが、焼酎の魅力を深めているのかもしれませんね。

焼酎には二種類

焼酎には、甲類と乙類の二種類が存在しています。甲類は、製造時に複数回蒸留を行うためアルコール純度が高まり、逆に風味は薄れた仕上がりに。そのため、果汁や炭酸、お茶などで割るのが飲み方の主流となります。また、家庭での梅酒などの製造時に使う「ホワイトリカー」などもこの分類です。

対して、乙類の蒸留は一回。そのため、原料本来の味わいが残された仕上がりに。「本格焼酎」と呼ばれるのは、こちらの分類の焼酎になりますす。また、独特の深い味わいを楽しむため、飲み方は、ロックやストレートがメインとなります。また、アルコール度数については、甲類は36%未満、乙類は45%以下とされています。

焼酎を高く買い取ってもらうためには?

アルコール度数が高く、いわゆる「飲み頃」も特に定められていない焼酎。長期保存による味の変化も少なく、その点では安心です。
ただし、長時間置いておくことによっては沈殿が発生するケースも。ただしその沈殿はいわゆる「焼酎の華」とも呼ばれるもので、「良い焼酎に発生するもの」という通念も存在、心配は無用になります。

また、焼酎ブームが記憶に新しい人の数も少なくないかもしれません。焼酎人気が大変盛り上がったころは、焼酎、あるいは原料となる芋類まで不足する事態が発生しました。日本酒と比べ、飲み頃に猶予のある焼酎はブームも起こりやすいのかもしれません。お酒買取の高値を目指すなら、「流行っているのはどの焼酎か?」といった視点も有効かもしれませんね。

お酒買取のご依頼はこちら

bn_mail

bn_phone