千葉でシャンパンの買取

千葉でシャンパンの買取

シャンパンは、シュワシュワしたワイン。食前酒としていただいたり、あるいは何かいいことがあったときに登場したり。飲みやすく、誰にでも受け入れられやすいことはもちろん、その華やかなたたずまいも、お酒界ランキングにおける上位入賞間違いナシです。ただ、シャンパンイコールスパークリング・ワインではないのです。その違いは?そして、お酒買取の際も、やはりその人気は上位間違いナシなのでしょうか。

そもそもシャンパンとは?

シャンパンとは、ワインの一種。フランス北東部のシャンパーニュ地方の特産品であるスパークリング・ワインのこと。シャンパンという名称は、シャンパーニュ地方で生産され、なおかつ法律による定めを受けた場合にのみ用いることができる名称です。その定めには、原料となるブドウはシャンパーニュ地方産であること、そして「シャンパン製法」によって製造されていることなど、細かな規定がなされています。

また、「シャンパンは高いからスパークリング・ワインを買う」という場面も少なくないかもしれません。確かにシャンパンの価格は、その他のスパークリング・ワイン一般に比べ高額になりやすい傾向があります。その原因は、シャンパン独自の長時間にわたる熟成期間など、その厳しい規定による部分が大きいのかもしれません。

シャンパンには格付けがあるの?

スパークリング・ワインの一種「シャンパン」の定義が生まれたのは、1919年のこと。その後は2010年に法律改定がなされています。かたや1930年代に制定されたのが「ワイン法」。こちらでは「格付け」という、主に歴史的産地のワインを対象とした、ワインの個性に対する明確な定義が存在しています。

シャンパンにはそのような「格付け」が存在しているかというと、答えはNOです。ただ、原料となるブドウを生産する各畑については、過去に格付けが行われた経緯が存在。現在でもその基準が生き続けていることが事実としては存在しています。

シャンパンを高く買い取ってもらうためには?

“ドンペリ”。聞いたことはありますか?もしかしたらお酒を飲める年齢に達する以前の方も、その名前だけは聞いたことがあるかもしれませんね。

“ドンペリ”の正式名称は、「ドン ペリニヨン」。ドラマなどに出てくる夜のお店のシーンでは、気前よく高価なドンペリを注文。細長く美しいシャンパングラスに注がれた黄金の液体を、その場にいる皆に振舞う・・・といった場面はもうお決まりの展開ともいえるかもしれません。

シャンパンの最高級品がそんな華やかなドンペリかというと、上には上があるのがシャンパンの世界。非常に希少価値が高いものをはじめとし、高級酒のカテゴリに入るものが数多く揃っています。

また、実はとてもデリケートなのが、シャンパンというお酒の持つもう一つの特徴です。気泡性という性質とも相まって、おいしくいただくためには保存方法に細かく気を配る必要があります。また賞味期限はないものの、それぞれの種類による飲み頃は存在。そのシャンパン自体の人気はもちろん、お酒買取までの保存状態なども、高値買取には関わってくるかもしれません。

お酒買取のご依頼はこちら

bn_mail

bn_phone